(はなちゃんず) 富田鈴花、松田好好

松田

道路の工事で渋滞し始めた いつもの246
もうすぐ春が来ると教えてくれてるみたいで…

富田 (cho.松田)

あれから一年か もう会いたくなる
時間の過ぎ方あやふやで長くて短い

松田

骨董通り曲がったら

富田

まさか 偶然

富田 松田

君のコートによく似ていた
深緑と茶色のタータンチェック
人混みの中でハッとしたのは
忘れられないあの恋

松田 (cho.富田)

桜はまだまだか 風は冷たいな

富田 (cho.松田)

いつか僕たちが歩いた道を
今は一人で…


富田 (cho.松田)

どこかのショップに君がいるようで…
いつもチラリと中を見て歩いているんだ

松田

ばったりなんて期待して
まさか あれは

富田 松田

君のコートによく似ていた
深緑と茶色のタータンチェック
人混みの中でハッとしたのは
忘れられないあの恋

松田 (cho.富田)

奇跡は起きないと
わかっているのに

富田 (cho.松田)

僕はいつだってこの道順を
選んでしまう


松田

忘れたつもりでも忘れてない

富田

君との思い出に足が向く

富田 松田

だけどやっぱり人違いで
そうだったらいいと思い込んでた
ドキドキしただけで嬉しかったよ
いつか会いたいあの恋

松田 (cho.富田)

コートのシーズンが
終わってしまえば

富田 (cho.松田)

ハッとするような記憶なんて
クローゼットの中



歌詞引用 : 秋元康「まさか 偶然…」