カテゴリ: サイレントマジョリティー

石森虹花、今泉佑唯、上村莉菜、尾関梨香、織田奈那、小池美波、小林由依、齋藤冬優花、佐藤詩織、志田愛佳、菅井友香、鈴本美愉、長沢菜々香、土生瑞穂、原田葵、平手友梨奈、守屋茜、米谷奈々未、渡辺梨加、渡邉理佐

鈴本 平手

何か誤解させてしまったのかな
みんなに冷やかされて 首を振っただけ Oh

梨加 今泉 小林

だって 誰にも言ってないだろう
君のことをあれこれ聞き出そうとするから

守屋 菅井 志田

そう面倒くさくて興味ないふりをして
僕はずっと ソッポ向くしかなかった

土生 尾関 理佐

だけど 心は集中して君のことを気にしてた

上村 長沢 小池 佐藤

アイスカフェラテの
ストローの回し方

齋藤 織田 原田 米谷 石森

なぜか 君が不機嫌に見えるよ
ごめん やってしまった

全員

手を繋いで帰ろうか〜


守屋 菅井 志田

ふいに君はカフェから出て行ったよ
慌てて僕はすぐ後を追いかけた Oh

土生 尾関 理佐

みんな その展開に驚いて
まずいことを言ったのか?
顔見合わせるけど

上村 長沢 小池 佐藤

そうデリカシーがない男友達に
君はマジで怒ってしまったようで

齋藤 織田 原田 米谷 石森

僕が名前叫んだって振り向いてもくれない

鈴本 平手

道を渡る時
いつもより早足で

梨加 今泉 小林

まさか 君は泣いてるのだろうか? やばい
話を聞いて!

全員

手を繋いで帰ろうよ〜
手を繋いで帰ろうか〜



歌詞引用 :「手を繋いで帰ろうか」秋元康

石森虹花、今泉佑唯、上村莉菜、尾関梨香、織田奈那、小池美波、小林由依、齋藤冬優花、佐藤詩織、志田愛佳、菅井友香、鈴本美愉、長沢菜々香、土生瑞穂、原田葵、平手友梨奈、守屋茜、米谷奈々未、渡辺梨加、渡邉理佐

土生 守屋 平手 理佐 小林

長い夜は口を閉ざし
星も見えず 月は雲に隠れてる

菅井 小池 今泉 米谷

誰が聴いているのだろう
マーラーの憂鬱な交響曲

織田 佐藤 原田 尾関 鈴本

今 心は すべてが空っぽ
ただ 時間が過ぎてしまえばいい

齋藤 長沢 石森 志田 梨加

君のいないこんな世界
想像よりももっと
退屈だった


土生 守屋 平手 理佐 小林

些細なことで喧嘩をして
だけど二人 意地張って
謝らずに家に帰り
頭 冴えたままで眠れない

上村 菅井 小池 今泉 米谷

つけっぱなしのパソコンさえ
触る気になれずログアウト

織田 佐藤 原田 尾関 鈴本

ベッドの上で天井を見てる

齋藤 長沢 石森 志田 梨加

本当の 孤独は
誰もいないことじゃなく

土生 守屋 平手 理佐 小林

誰かがいるはずなのに

上村 菅井 小池 今泉 米谷

一人にされてる この状況

織田 佐藤 原田 尾関 鈴本

こんな夜は息を潜め
灯りつけず 闇の中で目を開く

齋藤 長沢 石森 志田 梨加

壁の向こう側の気配
隣人もまだ起きてるのだろう

土生 守屋 平手 理佐 小林

もう 今さら 電話したくない
ふと 愚かな自分が嫌になる

上村 菅井 小池 今泉 米谷

君のいないこんな宇宙
枕を投げて叫ぶ
消えてなくなれ!


織田 佐藤 原田 尾関 鈴本

どうしてだろう 喉が乾く
猫も寝ているキッチンで

齋藤 長沢 石森 志田 梨加

ミルクを飲んだら寂しくなった

土生 守屋 平手 理佐 小林

本当の 孤独は
誰もいないことじゃなく

上村 菅井 小池 今泉 米谷

誰かがいるはずなのに

織田 佐藤 原田 尾関 鈴本

一人にされてるこの状況

齋藤 長沢 石森 志田 梨加

やがて空が白み始め
鳥が鳴いて 人は誰も目を覚ます

土生 守屋 平手 理佐 小林

どんな甘い夢も消えて
現実の歯車が動く

上村 菅井 小池 今泉 米谷

さあ これからどうすればいいか?
ほら 朝陽が眩しく思えるよ

織田 佐藤 原田 尾関 鈴本

君がいればどんな日でも
何とか生きて行ける
今日は楽しい


土生 守屋 平手 理佐 小林

愛しているとわかってても

上村 菅井 小池 今泉 米谷

それと別の話 ここからは

織田 佐藤 原田 尾関 鈴本 齋藤 長沢 石森 志田 梨加

お互い 何にも見えないだろう

土生 守屋 平手 理佐 小林

僕は僕で 君は君で
ボクガイテモ キミガイナイ

織田 佐藤 原田 尾関 鈴本

こんな夜は息を潜め
灯りつけず 闇の中で目を開く

齋藤 長沢 石森 志田 梨加

壁の向こう側の気配
隣人もまだ起きてるのだろう

土生 守屋 平手 理佐 小林

もう今さら電話したくない
ふと愚かな自分が嫌になる

上村 菅井 小池 今泉 米谷

君のいないこんな宇宙
枕を投げて叫ぶ
消えてなくなれ!

全員

イマ コノセカイニ
ナゼ キミガイナイ? AH-



歌詞引用 :「キミガイナイ」秋元康

今泉佑唯、小林由依、鈴本美愉、平手友梨奈、長濱ねる

長濱

ごめん
一人だけ遅れたみたい
あの場所に誰もいなくて
どこへ行ったらいいのかなんて
わからなかった
片道の夢手に持ったまま
坂の途中で途方に暮れた

小林 今泉

風が過ぎた街は
音も消えたみたいで

鈴本 平手

君に掛ける言葉が
僕には見つからなかった

全員

できることなら時間を戻し
一緒に行きたかったけど
欅坂 向かうバスは
もう先に出てしまった

長濱

だから
一人きり歩き始める
みんなとは違う道順
だって今さら追いかけたって
間に合わないよ
私の未来自分で探して
いつかどこかで合流しよう


鈴本 平手

風の向きを探し
空に伸ばした掌

小林 今泉

何か触れたみたいに
日差しがやさしく感じたよ

全員

見えないものは
どこにあるか
確かめにくい思い込み
憧れた遠い夢は
少しずつ近づいてる

長濱

だから
一人きり歩き始める
みんなとは違う道順
だって今さら追いかけたって
間に合わないよ
私の未来自分で探して
いつかどこかで合流しよう


平手 長濱

どの道を行こうと

鈴本 長濱

どの坂登ろうと

今泉 長濱

溢れ出す汗も

小林 長濱

流れた涙も

全員

美しく輝くよ

長濱

ごめん
ごめん
一人だけ遅れたみたい
あの場所に誰もいなくて
どこへ行ったらいいのかなんて
わからなかった
片道の夢手に持ったまま
坂の途中で途方に暮れた
夢はどこかで繋がるのだろう
みんなの未来は一つ



歌詞引用 :「乗り遅れたバス」秋元康

(ゆいちゃんず) 今泉佑唯、小林由依

今泉 小林

君は知ってるかい? 渋谷川って…
名前を聞いても ピンと来ないだろう
(ピンと来ないだろう)
忘れられたように都会の隅で
それでも確かにせせらぎ続ける
まるで僕の君への想い

今泉

他愛ない話をして
バス通りを歩きながら

小林

古川橋 その近くで
僕はなぜだか 切なくなるよ

今泉 (小林)

愛しさは胸にしまい込んで (しまい込んで)
少しだけ君と距離を置いた (距離置いた)
ひっそり流れる

今泉 小林

そう 目立たない日々
誰も気づいてないこの渋谷川
涸れることもなく
ずっと変わらぬまま (ずっと変わらぬまま)
人の暮らしの中で
汚れた水も溢れた涙も
海へと運ぶよ
恋のかけらどこへと向かう?

今泉 小林

恵比寿橋まで笑いながら
あっという間に着いてしまった

小林 (今泉)

友達の二人でいた方が (友達で)
長続きできるならそれでいい (それでいい)
密かに願うよ

今泉 小林

そう永遠の恋
君は知ってるかい? 渋谷川って…
名前を聞いてもピンと来ないだろう
(ピンと来ないだろう)
忘れられたように
都会の隅でそれでも確かに
せせらぎ続ける
まるで僕の君への想い
いつまでも いつまでも
時が過ぎて景色から消えても
関係は途絶えることなく…

今泉 小林

誰も気づいてない 渋谷川って…
涸れることもなく ずっと変わらぬまま
(ずっと変わらぬまま)
人の暮らしの中で
汚れた水も溢れた涙も
Ah…
君は知ってるかい? あの渋谷川
少しでいいから思い出して欲しい(思い出して欲しい)
いつも君と僕が歩いた道の
近くを流れる川があるように
ずっと僕は愛し続ける
ラララ…
歌詞引用 :「渋谷川」秋元康

f:id:hiraganakanjikeyaki:20181015032615j:image
石森虹花、今泉佑唯、上村莉菜、尾関梨香、織田奈那、小池美波、小林由依、齋藤冬優花、佐藤詩織、志田愛佳、菅井友香、鈴本美愉、長沢菜々香、土生瑞穂、原田葵、平手友梨奈、守屋茜、米谷奈々未、渡辺梨加、渡邉理佐

平手

人が溢れた交差点をどこへ行く?

小林 梨加

押し流され

今泉 鈴本 平手

似たような服を着て似たような表情で…

小林 梨加

群れの中に紛れるように歩いてる

今泉 鈴本 平手

疑わずに

菅井 守屋

誰かと違うことに何をためらうのだろう

尾関 志田 土生 理佐

先行く人が振り返り列を乱すなと

上村 小池 佐藤 長沢

ルールを説くけど

石森 織田 齋藤 原田 米谷

その目は死んでいる

全員

君は君らしく〜


尾関 志田 土生 理佐

どこかの国の大統領が
言っていた

菅井 守屋

曲解して

上村 小池 佐藤 長沢

声を上げない者たちは
賛成していると…

石森 織田 齋藤 原田 米谷

選べることが大事なんだ
人に任せるな

今泉 鈴本 平手

行動しなければ

菅井 守屋 小林 梨加

Noと伝わらない

全員

君は君らしく〜


今泉 鈴本 平手 小林 梨加

誰かの後ついて行けば傷つかないけど

菅井 守屋 尾関 志田 土生 理佐

その群れが総意だとひとまとめにされる

全員

君は君らしく〜



歌詞引用 : 秋元康「サイレントマジョリティー」

↑このページのトップヘ