カテゴリ: アンビバレント

(線香姉妹) 小林由依、土生瑞穂

小林

引越しのトラックが来て
君が指示した荷物が運び出されて
僕は隅っこで眺めてるしかなかったよ

土生

それなりに二年間の思い出くらいは
どこかにあるだろうけど
そんなあっさりと片付けられると切ない

小林

だけどどっちがいけなかったか
誰も審判できない

土生

金属疲労みたいに
恋だって終わるんだ

小林 土生 (土生)

そこにあった君のベッドの形に
ジュータンが陽に灼けていた
あの頃と何も変わらないものなんて
僕たちにはあるだろうか?
(さよならだ)
部屋の合鍵 返さなくていい


土生

風船ガム 膨らませて割れてしまうまで
退屈そうだったけど

小林

君も色々と考えてたかもしれない

土生

だってホントは強がり言って
涙 堪えてたんだろう

小林

やっぱり嘘だよなんて
お互いに言えないし…

小林 土生 (小林)

部屋が急に広く思えてしまった
失ったものに気づかされる
日常はいつも当たり前に過ぎ去り
愛という夢に自惚れる (幻だ)
君の合鍵 どこかに捨てて


小林 (土生)

もし君がこの部屋に (この部屋に)
来たくなったら

土生

どんな時もドアが開くように
鍵なんかかけない

小林 土生 (土生)

そこにあった君のベッドの形に
ジュータンが陽に灼けていた
あの頃と何も変わらないものなんて
僕たちにはあるだろうか?
(さよならだ)
部屋の合鍵 返さなくていい



歌詞引用 : 秋元康「302号室」

尾関梨香、小池美波、長濱ねる

長濱

夕日に染まる放課後に
まだ残っている生徒たち
どんな理由があるのだろう
僕はただ君がいたからだ

小池

机の上 カバンがある

尾関

君はどこで何してるの?

尾関 小池 長濱

音楽室に片想い
君がピアノを弾いていた
ドアを開けずにその廊下で
ときめきながら
ずっと聴いてた
この時間だけは
絶対に僕のものだ


小池

誰かを好きになることは
そばにいたいって思うこと

尾関

廊下を走る下級生は
誰を探しているのだろう

長濱

リノリウムの床で靴が
キュキュッキュキュッて鳴いているよ

尾関 小池 長濱

急に切なくなって来た
君が弾くのを止めたから
何か言葉を掛けたいけど
そのきっかけが
わからないんだ
気づかれないように
教室に戻ろうかな


尾関 小池 長濱

音楽室に片想い
君がピアノを弾いていた
ドアを開けずにその廊下で
ときめきながら
ずっと聴いてた
この時間だけは
絶対に僕のものだ



歌詞引用 :「音楽室に片想い」秋元康

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、東村芽依、金村美玖、河田陽菜、小坂菜緒、富田鈴花、丹生明里、濱岸ひより、松田好花、宮田愛萌、渡邉美穂

加藤 小坂 渡邉

今 緑の木々 風に吹かれ 波のように

柿崎 齊藤 美玲

今 好きな人に巡り会えて 心騒ぐ

東村 金村 河田 丹生

太陽の真下で願う
世界中がしあわせになって欲しい

潮 久美 高本

誰かの愛があればいい

井口 高瀬 富田 濱岸 松田 宮田

君らしく僕らしく

全員

微笑んで!
Yeah Yeah 伝わるかい?
Yeah Yeah 楽しいかい?
大事なのは前向くこと
全力出して行こう 盛り上がれ!
Yeah Yeah 伝わるかい?
Yeah Yeah 感じるかい?
どんな時も光満ち溢れる
ハッピー ハッピーオーラ


潮 久美 高本

さあ 花は咲いて 甘く香り 恋を誘う

井口 高瀬 富田 濱岸 松田 宮田

さあ 胸の奥の秘めた想い
いつか届け!

加藤 小坂 渡邉

この空を見上げて祈る
地球上の争いがなくなるように

柿崎 齊藤 美玲

自分に何ができるのか

東村 金村 河田 丹生

絶望を乗り越えて

全員

生きるんだ
Yeah Yeah 大好きだよ
Yeah Yeah わかるだろう
繋いだ手のその温もり
愛とは与えるもの 互いに…
Yeah Yeah 大好きだよ
Yeah Yeah 夢を見よう
いつの日にか それが希望になる
ハッピー ハッピーオーラ


加藤 小坂 渡邉

みんな みんな
幸せになれるって

柿崎 齊藤 美玲 東村 金村 河田 丹生

思い込まなきゃ何も始まらない

井口 潮 久美 高瀬 高本 富田 濱岸 松田 宮田

ハッピーオーラの作り方

全員

微笑んで!
Yeah Yeah 伝わるかい?
Yeah Yeah 楽しいかい?
大事なのは前向くこと
全力出して行こう 盛り上がれ!
Yeah Yeah 伝わるかい?
Yeah Yeah 感じるかい?
どんな時も光満ち溢れる
ハッピー ハッピーオーラ
Yeah Yeah...



歌詞引用 : 秋元康「ハッピーオーラ」

↑このページのトップヘ