カテゴリ: ガラスを割れ!

石森虹花、今泉佑唯、上村莉菜、尾関梨香、織田奈那、小池美波、小林由依、齋藤冬優花、佐藤詩織、志田愛佳、菅井友香、鈴本美愉、長沢菜々香、長濱ねる、土生瑞穂、原田葵、平手友梨奈、守屋茜、米谷奈々未、渡辺梨加、渡邉理佐

全員

もう森へ帰ろうか?
街には何もなかった
想像してた世界とは
かけ離れていたよ

今泉 小林 平手

こんな土も緑もない
狭い土地に

小池 鈴本 土生 理佐

人間は何に惹かれて
暮らし始めようとするのか?

菅井 長濱 守屋

喧騒の中で
愛 語り合っても

上村 尾関 志田 梨加

鉄やコンクリートは
温もりを伝えやしない

織田 原田 米谷

風の噂に洗脳されて

石森 齋藤 佐藤 長沢

存在しない夢を見ていたんだ

全員

もう森へ帰ろうか?
このまま手ぶらでもいい
僕たちのユートピアは
現実逃避だった

今泉 小林 平手

誰かと

小池 鈴本

(誰かと)

土生 理佐

競い合って

菅井 長濱 守屋

(競い合って)

上村 尾関

生きるなんて

志田 梨加

(空しい)

織田 原田 米谷

もう やめよう

石森 齋藤 佐藤 長沢

(さよなら)


菅井 長濱 守屋

空はなぜか青くもなく
汚れている

上村 尾関 志田 梨加

街にやって来てから
深く息もしてなかった

織田 原田 米谷

誰もが挙って
ここを目指しているなら

石森 齋藤 佐藤 長沢

きっと理想的な
しあわせがあるって思った

今泉 小林 平手

時間とルールに縛られて

小池 鈴本 土生 理佐

住人たちは何を諦めた?

全員

あの森へ帰りたい
離れて気がついたんだよ
僕たちが信じてた
世界はフェイクだった

菅井 長濱 守屋

真実を

上村 尾関

(真実を)

志田 梨加

隠し合って

織田 原田

(隠し合って)

佐藤 米谷

何のために

石森 齋藤 長沢

(泣いてるの?)

今泉 小林 平手

もう ごめんだ

小池 鈴本 土生 理佐

(悲しい)


平手

自分はどこにいる?

今泉 小林

空の太陽よ

小池 鈴本 土生 理佐

教えてくれ

今泉 小林 平手

もう森へ帰ろうか?

小池 鈴本 土生 理佐

何度も思い直した

菅井 長濱 守屋

僕たちの行き先は

上村 尾関 志田 梨加

どこにも見つからない

今泉 小林 平手

ここから

小池 鈴本

(ここから)

土生 理佐

振り返れば

菅井 長濱 守屋

(振り返れば)

上村 尾関

輝いてる

志田 梨加

(故郷よ)

織田 原田 米谷

あの森こそ

石森 齋藤 佐藤 米谷

(ユートピア)



歌詞引用 :「もう森へ帰ろうか」秋元康

f:id:hiraganakanjikeyaki:20181104144135j:image
石森虹花、今泉佑唯、上村莉菜、尾関梨香、織田奈那、小池美波、小林由依、齋藤冬優花、佐藤詩織、志田愛佳、菅井友香、鈴本美愉、長沢菜々香、長濱ねる、土生瑞穂、原田葵、平手友梨奈、守屋茜、米谷奈々未、渡辺梨加、渡邉理佐

土生 鈴本 小林 平手 今泉 小池 理佐

川面に映る自分の姿に
吠えなくなってしまった犬は
餌もらうために尻尾振って
飼い慣らされたんだろう

志田 上村 菅井 長濱 守屋 尾関 梨加

噛みつきたい気持ちを殺して
聞き分けいいふりをするなよ

齋藤 長沢 原田 織田 米谷 佐藤 石森

上目遣いで媚びるために
生まれて来たのか?

土生 鈴本 小林 平手 今泉 小池 理佐

今あるしあわせにどうしてしがみつくんだ?

志田 上村 菅井 長濱 守屋 尾関 梨加

閉じ込められた

齋藤 長沢 原田 織田 米谷 佐藤 石森

見えない檻から抜け出せよ

全員

Rock you!
目の前のガラスを割れ!

土生 鈴本 小林 平手 今泉 小池 理佐

握りしめた拳で Oh!Oh!

全員

やりたいこと やってみせろよ

志田 上村 菅井 長濱 守屋 尾関 梨加

おまえはもっと自由でいい 騒げ!

齋藤 長沢 原田 織田 米谷 佐藤 石森

邪魔するもの ぶち壊せ!

全員

夢見るなら愚かになれ

土生 鈴本 小林 平手 今泉 小池 理佐

傷つかなくちゃ本物じゃないよ


志田 上村 菅井 長濱 守屋 尾関 梨加

他人を見ても吠えないように
躾けられた悲しい犬よ
鼻を鳴らしすり寄ったら
誰かに撫でられるか?

齋藤 長沢 原田 織田 米谷 佐藤 石森

リードで繋がれなくても
どこへも走り出そうとしない

土生 鈴本 小林 平手 今泉 小池 理佐

日和見主義のその群れに
紛れていいのか?

志田 上村 菅井 長濱 守屋 尾関 梨加

すべて失っても手に入れたいものがある

齋藤 長沢 原田 織田 米谷 佐藤 石森

がむしゃらになって

土生 鈴本 小林 平手 今泉 小池 理佐

どこまでも追い求めるだろう

全員

Rock you!
抑圧のガラスを割れ!

志田 上村 菅井 長濱 守屋 尾関 梨加

怒り込めた拳で Oh!Oh!

全員

風通しをよくしたいんだ

齋藤 長沢 原田 織田 米谷 佐藤 石森

俺たちはもう犬じゃない 叫べ!

土生 鈴本 小林 平手 今泉 小池 理佐

偉い奴らに怯むなよ!

全員

闘うなら孤独になれ

志田 上村 菅井 長濱 守屋 尾関 梨加

群れてるだけじゃ始まらないよ


全員

目の前のガラスを割れ!

土生 鈴本 小林 平手 今泉 小池 理佐

握りしめた拳で Oh!Oh!

全員

やりたいこと やってみせろよ

志田 上村 菅井 長濱 守屋 尾関 梨加

おまえはもっと自由でいい 騒げ!

齋藤 長沢 原田 織田 米谷 佐藤 石森

邪魔するもの ぶち壊せ!

全員

夢見るなら愚かになれ

土生 鈴本 小林 平手 今泉 小池 理佐

傷つかなくちゃ本物じゃないよ

全員

想像のガラスを割れ!

志田 上村 菅井 長濱 守屋 尾関 梨加

思い込んでいるだけ Oh!Oh!

全員

やる前からあきらめるなよ

土生 鈴本 小林 平手 今泉 小池 理佐

おまえはもっとおまえらしく 生きろ!

志田 上村 菅井 長濱 守屋 尾関 梨加

愛の鎖引きちぎれよ

全員

歯向かうなら背中向けるな

齋藤 長沢 原田 織田 米谷 佐藤 石森

温もりなんかどうだっていい

土生 鈴本 小林 平手 今泉 小池 理佐

吠えない犬は犬じゃないんだ



歌詞引用 : 秋元康「ガラスを割れ!」

尾関梨香、小池美波、長濱ねる

長濱

バスタブの泡のその中で
⼿⾜を伸ばして 深呼吸をした

尾関

リラックスしなきゃ 可愛くなれない

小池

難しい顔は⼥の⼦の敵

尾関 長濱

瞼を閉じてたらなんだか
眠たくなってしまったのよ

小池 長濱

ちゃんと閉めてない蛇⼝から
⽔滴がポタポタ 催眠術

全員

いつの間にか栓が抜けてたかも
ぐるぐるとお湯が渦巻いて
排⽔⼝に流されていく過去のすべて
そんなこと起きたら⾯⽩いって
密かに妄想してたけど
まさか私まで⽳へ吸い込まれる
不思議な体験


小池

いつもならシャワー浴びるだけ

尾関

烏の⾏⽔ あっという間だよ

長濱

でも今夜くらい半⾝浴して
好きな⼈のこと考えようかな

小池 長濱

狭い下⽔管を滑って
どこまで⾏ってしまうんだろう

尾関 長濱

やがて川に出て海に向かう
新しい世界の始まりだ

全員

もしもさっき栓が抜けなければ
永遠にお湯は溜まってて
きっとシャンプーしてる頃だわ 毎晩同じ
ありえない事なぜか起きるから
⼈⽣退屈しないんだ
だって⼊浴中 ⽳に吸い込まれて
ウォータースライダー


全員

だけどそこでふと気付いた
裸ん坊の⾃分のこと

長濱

何も着ていないわ

尾関

何か着なきゃね

小池

夢ならいいけど

全員

いつの間にか栓が抜けてたかも
ぐるぐるとお湯が渦巻いて
排⽔⼝に流されていく過去のすべて
そんなこと起きたら⾯⽩いって
密かに妄想してたけど
まさか私まで⽳へ吸い込まれる
不思議な体験
バスルームトラベル



歌詞引用 :「バスルームトラベル」秋元康

(ゆいちゃんず) 今泉佑唯、小林由依

今泉

駅のホームの端 ずっと手を振ってた
最後の制服を着た君が目に浮かぶよ

小林

あれから一年の季節が巡ったのに
僕が住む都会は桜 まだ咲いてない

今泉

何のため 誰のため 大学に通うんだろう?

小林

今日もまた 講義をサボり ずっとアパートで寝てた

小林 今泉

忘れてください 僕なんか…
ゼンマイ仕掛けの夢から覚めた


小林

絶対 迎えに行く 固い約束して
電車を追って走るその姿に泣いた

今泉

メールをもらっても理想と現実に
言葉が見つからず 返信できなかった

小林

将来とは? 人生とは? 思うようにならないもの

今泉

バイトして 朝まで遊び 少し悪いこともした

小林 今泉

忘れてください いい思い出は…
僕は僕じゃない抜け殻さ


今泉

何があっても ずっと 君は故郷で暮らして

小林

僕よりもっと 素敵なひと 見つけて結婚してください

小林 (cho.今泉)

夜空のあの星は 手に届かないから美しい
いつもそばにいてくれる愛が一番大切だ

小林 今泉

忘れてください 僕なんか…
ゼンマイが切れた不良品



歌詞引用 :「ゼンマイ仕掛けの夢」秋元康

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、東村芽依

加藤 美玲 齊藤

ある日突然大人たちから
「やってみないか?」って言われて
どうするつもりだ?臆病者よ

高本 柿崎

今の僕たちじゃ無理だって
もちろんみんなわかってるよ

東村 潮 井口

だけどなぜかすぐその場で
喧嘩を買うように頷く
やるしかなかった 正直者よ

高瀬 影山 久美

きっと試されてるのだろう
無理難題押し付ければ
絶対ギブアップするって…

美玲

誰かの背中越しに

齊藤

世の中眺めてた

加藤

自分の番が来ても

高本 柿崎

パスはできないルール

全員

イマニミテイロ
どういう色だ?
唇噛み締めながら頑張って来た色
心の奥で何度も呟いた
言葉は何色?
いつの日にかミテイロ


高瀬 影山 久美

いつか見てたあの夢よりも
実物はこんな大きくて
二の足を踏んだ小心者よ

東村 潮 井口

もっと時間があればなんて
負け惜しみ言いたくもなるさ

高本 柿崎

誰も超えて行かなきゃいけない
自分の中の橋があるんだ
さあ渡ろうぜ 腰抜けどもよ

加藤 美玲 齊藤

責める者はいないだろうって
自己弁護は見苦しいよね
黙って立ち去ればいい

安全地帯にいて

東村

後悔をするより

高瀬 井口

たとえ傷ついても

影山 久美

一番前で泣こう

全員

イマニミテイロ
どういう色だ?
苦しい時に何度も夢に見て来た色
願ったことは必ず叶えるよ
気持ちは何色?
言ってみたいザマアミロ


美玲

無謀だと言われたけど

齊藤

逃げるわけにはいかないんだ

加藤

こんなに広い世界で

高本 柿崎

僕たちは歌う

全員

イマニミテイロ
どういう色だ?
唇噛み締めながら頑張って来た色
心の奥で何度も呟いた
言葉は何色?
いつの日にかミテイロ



歌詞引用 : 秋元康「イマニミテイロ」

金村美玖、河田陽菜、小坂菜緒、富田鈴花、丹生明里、濱岸ひより、松田好花、宮田愛萌、渡邉美穂

河田 小坂 渡邊

人の波にさらわれて
どこへ連れ去られたか?
こんな好きでいるのに
君のことを見失ったよ

金村 丹生 松田

後を追って名前を呼んで
走り回ったけれど

富田 濱岸 宮田

黄昏のこの街に
すべて紛れてしまった

金村 丹生 松田

さよならか

河田 小坂 渡邊

僕のせいだ
些細な綻びに
心引き裂かれて行く

全員

間に合わない
愛は感情の忘れもの
君はもうここにはいないんだ
思い出が少しずつ
崩れ落ちて闇の中へ
想像の悲しみは
きっと止めることができただろう
目の前の現実は
ただ自分を責めたくなる

金村 河田 小坂 丹生 松田 渡邊 (富田 濱岸 宮田)

君は (僕を) 僕は (君を)

全員

忘れられるのか聞きたいんだ
半分の記憶


金村 丹生 松田

やがて街に色がつき
夜が始まった頃
なぜか腹立たしくて
君を少し嫌いになった

富田 濱岸 宮田

自分勝手でわがまま過ぎて
付き合いきれないって

河田 小坂 渡邊

影のないアスファルト
全部文句吐き出した

富田 濱岸 宮田

謝るか

金村 丹生 松田

君のせいだ
小さな誤解から
二人戻れなくなった

全員

あの場所まで
キスは情熱の探しもの
ふいに知った唇の感触
お互いの価値観が
同じだって信じてた
理屈っぽいしあわせは
たぶん掴むことができたけど
正直なふしあわせ
そう抵抗できなかった

金村 富田 丹生 濱岸 松田 宮田 (河田 小坂 渡邊)

キスは (過去を) キスは (未来)

全員

語っていたのか知りたいんだ
半分の憂鬱


全員

愛は感情の忘れもの
君はもうここにはいないんだ
思い出が少しずつ
崩れ落ちて闇の中へ
想像の悲しみは
きっと止めることができただろう
目の前の現実は
ただ自分を責めたくなる

金村 河田 小坂 丹生 松田 渡邊 (富田 濱岸 宮田)

君は (僕を) 僕は (君を)

全員

忘れられるのか聞きたいんだ
半分の記憶



歌詞引用 : 秋元康「半分の記憶」

↑このページのトップヘ