カテゴリ: 風に吹かれても

石森虹花、今泉佑唯、上村莉菜、尾関梨香、織田奈那、小池美波、小林由依、齋藤冬優花、佐藤詩織、志田愛佳、菅井友香、鈴本美愉、長沢菜々香、長濱ねる、土生瑞穂、原田葵、平手友梨奈、守屋茜、米谷奈々未、渡辺梨加、渡邉理佐

鈴本 平手

遮断機 降りたままの開かずの踏切みたい
心を閉ざして僕をいつまで待たせるんだ?
君っていつも何か言いかけて 結局 言葉飲み込むよ

小林 菅井

古着が好きなのは知らない誰かになって
本当の自分隠して演じてみたいだけ

石森 尾関

今日の生き方も誰かのお古なのか

長濱 土生

どうせまたフリマ行き

小池 原田

どうでもいいけど…

守屋 梨加

どうでもよくないし…

志田 理佐

どうにでもなればいい

今泉 上村 織田 佐藤 長沢

毒にも薬にもならない日常は
チクタクとただ繰り返す
無駄が僕たちの特権だって主張して…

齋藤 米谷

勿体無い生産性がないとか
大人から見れば腹立たしい?

土生 菅井 小林 平手 鈴本 尾関 石森

君は何を放棄したんだ?
そして何を諦めたんだ?

志田 理佐 原田 長濱 小池 梨加 守屋

でも強がって微笑む?
そんなに不幸に見えないのはなぜ?

全員

君が気になってしまうよ
AH- 面倒臭いその存在
だって誰も理解できない
ネガティブ ネガティブ ネガティブ
暗い目をしている

石森 尾関 菅井 土生

そんな不器用さを守るには
僕がその盾になるしかない

小林 鈴本 平手

世の中の常識に傷つくのなら
君の代わりに僕が炎上してやるさ

全員

いつだってそばで立っててやるよ
悪意からの避雷針


今泉 織田 佐藤

警報機 鳴りっぱなしで意思なんか通じない
上下線 何回通り過ぎれば開くんだろう?

上村 齋藤 長沢 米谷

ずっと前から知っていたはずさ
電車なんか来ないって…

小池 長濱 原田

一人が楽なのは話さなくていいから
わかってもらおうなんて努力もいらないし…

守屋 梨加

何も関わらず 存在知られたくない

志田 理佐

フェードアウトしたくなる

平手

それでもいいけど…

小林 鈴本

それでも息をして…

尾関 菅井

それでも生きてるし…

小林 鈴本 平手

いくつの扉を閉めたり鍵を掛けて
引きこもってじっとして
ただ儚すぎるこの若さ萎れるまで

石森 尾関 菅井 土生

使い切れず持て余す時間
過保護な夢を殺すだけだ

齋藤 上村 織田 今泉 佐藤 長沢 米谷

僕は何に惹かれたの?
僕は何に期待するの?
僕も不幸に見えると言うのか?

志田 理佐 原田 長濱 小池 梨加 守屋

無関心は味方だ

平手

(君は感動のない眼差しで)

小林 鈴本

(僕を見ていた)

齋藤 上村 織田 今泉 佐藤 長沢 米谷

いつだって味方だ

土生 菅井 小林 平手 鈴本 尾関 石森

(信じることは裏切られること
心を開くことは傷つくこと
落雷のような悲しみに打たれないように…)

全員

僕はどっち側にいるの?
AH- 扱いにくいその価値観
だからきっと目が離せない
ポジティブ ポジティブ ポジティブ
君は君のままで…

齋藤 上村 織田 今泉 佐藤 長沢 米谷

どんな理不尽だって許容できるさ
気配を消して支える
重箱の隅を突かれたって

志田 理佐 原田 長濱 小池 梨加 守屋

僕が相手になってやる

全員

平凡な日々を今約束しよう
ここにあるのは愛の避雷針



歌詞引用 : 秋元康「避雷針」 協力 : み, あ
参考 : 表なのか裏なのか

f:id:hiraganakanjikeyaki:20181104124717j:image
石森虹花、今泉佑唯、上村莉菜、尾関梨香、織田奈那、小池美波、小林由依、齋藤冬優花、佐藤詩織、志田愛佳、菅井友香、鈴本美愉、長沢菜々香、長濱ねる、土生瑞穂、原田葵、平手友梨奈、守屋茜、米谷奈々未、渡辺梨加、渡邉理佐

小林 鈴本 平手

枯葉がひらひら 空から舞い降りて

石森 尾関 菅井 土生

舗道に着地するまで時間を持て余してた

小池 長濱 原田

思っていたより地球はゆっくりと回っている

志田 守屋 梨加 理佐

胸の奥に浮かぶ言葉を拾い集めよう

今泉 織田 佐藤 長沢

ずっと前から知り合いだったのに

上村 齋藤 米谷

どうして友達なんだろう?

小林 鈴本 平手

お互いがそんな目で

石森 尾関 小林 菅井 鈴本 土生 平手

意識するなんてできなかった

全員

風に吹かれても〜


今泉 上村 織田 佐藤 長沢

あの枝で揺れている一枚の葉みたいに

齋藤 米谷

未来の君の気持ちは予想がつかなかった

小林 鈴本 平手

なぜ奇跡的なチャンスを見逃してしまうんだろう?

石森 尾関 菅井 土生

時が過ぎて振り返ったらため息ばかりさ

小池 長濱 原田

ふいにそういうアプローチをすると

上村 齋藤 長沢 米谷

やっぱり気まずくなるのかな

今泉 織田 佐藤

恋愛の入り口に

石森 尾関 小林 菅井 鈴本 土生 平手

気づかない方が僕たちらしい

全員

風が止んだって〜


小林 鈴本

成り行きに流されたらどこへ行くの?

石森 尾関 菅井 土生

あんなに眩しい太陽の日々よ

小池 長濱 原田

翳り行く思い出が消えるまで

志田 守屋 梨加 理佐

僕たちは空中を舞っていよう

今泉 織田 佐藤

人生は (人生は)

上村 齋藤 長沢 米谷

風まかせ (風まかせ)

石森 尾関 小林 菅井 鈴本 土生 平手

さよならまで楽しまなきゃ

全員

風に吹かれても〜



歌詞引用 : 秋元康「風に吹かれても」

(青空とMARRY) 志田愛佳、菅井友香、守屋茜、渡辺梨加、渡邉理佐

全員

波打ち際 走らないか?
誰も(誰も)いない(いない)秋の砂浜で
水しぶきは今でも
僕たちの恋のように跳ねてるよ
We never stop

菅井 (梨加)

いくつ目かの台風(台風)

理佐 (志田)

発生を伝えるニュースショー(ニュースショー)

守屋

日焼けの跡が色褪せて行く頃に

志田 菅井 梨加 理佐

LINEの数も少なくなった

菅井 梨加

誰かのこと好きになるとどうしてだろう?

志田 守屋 理佐

変わって行く季節に敏感になるんだ

全員

波打ち際 走らないか?
海の(海の)水は(水は)もう冷たいけど
寄せる波と思いは
あの夏と変わらぬまま永遠に
We never stop


守屋 (志田)

買って来なきゃカモミール(カモミール)

菅井 (梨加)

借りっぱなしだったアーウィン・ショー(アーウィン・ショー)

理佐

あんないっぱいキスした二人なのに

志田 菅井 守屋 梨加

会えないくらい忙しいの?

志田 守屋 理佐

恋はいつも始まる時 一番楽しくて

菅井 梨加

当たり前になる頃ピンチを迎える

全員

波打ち際 立ち止まるな
記憶(記憶)だけが(だけが)かき消されて行く
砂の上の足跡
この胸の愛はずっとどこまでも
We never stop


菅井

あの日に帰ろう

梨加 理佐

ドキドキしよう

志田 守屋

忘れかけたときめき

全員

走れば思い出す
波打ち際走らないか?
誰もいない秋の砂浜で
水しぶきは今でも
僕たちの恋のように跳ねてるよ
We never stop



歌詞引用 : 秋元康「波打ち際を走らないか」

(五人囃子) 石森虹花、織田奈那、齋藤冬優花、佐藤詩織、土生瑞穂

石森

夕暮れは思ったよりも
空を急に暗くしてしまった

土生

僕たちはもう少し
このまま話したかったのに

佐藤

君の顔がぼんやりと霞む

織田

家の灯り点き始めて
余計に急かされてる気になった

齋藤

十字路の別れ際
どうでもいい話して
君を引き止めた

石森 土生

好きと言えば 何か変わるのかな
ずっとあれから迷っている

織田 齋藤 佐藤

これを恋と僕が決めつけたら
こんな風に君と帰れない

全員

じゃあねなんて
いつも同じ言葉で締めて
背中を向け歩き出そうか?
でもすぐにいつも立ち止まって

石森

振り向く

全員

君の自転車 見送りふと考える
明日 普通に会いたいんだ
帰り道ここで話せるなら
このままが一番いい
星が出た


佐藤

目立たないクラスメイトが
ある日なぜか特別に思えて…

織田

放課後の教室で
だらだら時間調整して

齋藤

ばったり会うタイミング図った

石森

坂の途中 並びながら
偶然 一緒になったふりをした

土生

十字路で右左
二手に分かれるのは恋の選択肢

織田 齋藤 佐藤

好きと言って ちょっと気まずくなる
そんなリスクは避けたいから

石森 土生

変な気持ち何も持ってないと
僕の両手 君に見せようか?

全員

じゃあねなんて
ふいに言って歩き出したら
興味なさそうに振舞おう
こんなこと何度繰り返せば

佐藤 土生

伝わる?

全員

僕はペダルをゆっくり今 漕ぎ出して
今日のしあわせ噛み締めてた
一緒に君と帰れるなら
これ以上近づかない


石森 土生

金木犀の木々で
見えなくなるんだ

織田 齋藤 佐藤

君のその自転車は
片想いの道へ

織田 齋藤 佐藤

いつのまにか星空が
広がっていた

石森 土生

全力で立ち漕ぎすれば
切なさは消えてくれるかな

全員

じゃあねなんて
いつも同じ言葉で締めて
背中を向け歩き出そうか?
でもすぐにいつも立ち止まって

織田 齋藤

振り向く

全員

君の自転車 見送りふと考える
明日 普通に会いたいんだ
帰り道 ここで話せるなら
このままが一番いい
星が出た



歌詞引用 : 秋元康「結局、じゃあねしか言えない」 協力 : み

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、東村芽依、金村美玖、河田陽菜、小坂菜緒、富田鈴花、丹生明里、濱岸ひより、松田好花、宮田愛萌、渡邉美穂

加藤 齊藤 高本 河田 濱岸

僕たちはわかってるよ 一番大事なもの
奪い合ってるダイヤには何も価値がない

潮 柿崎 美玲 金村 松田

傷つけ血を流し何を手にするのか?
憎しみのドミノ倒し 誰か止めてくれ!

影山 高瀬 東村 富田 丹生

大きな雨雲がこの空覆っても
さあ みんなで声を上げようぜ!

井口 久美 小坂 宮田 渡邊

光求めるなら 風を吹かせるしかない
その足を踏みならせ!

全員

NO WAR 愛し合ってるかい?
世界の人と…
やさしくありたいんだ
"好き"になってみよう
NO WAR 許し合ってるかい?
微笑むだけで
心は通じるんだ
"平和"始めよう
NO WAR in the future


影山 高瀬 東村 富田 丹生

そばにいる誰かのため
遠くの誰かのため

井口 久美 小坂 宮田 渡邊

感情を譲り合えば
分かり合えるだろう

加藤 齊藤 高本 河田 濱岸

遥かな地平線 闇が近づいても
いや 何も恐れることはない

潮 柿崎 美玲 金村 松田

どんなに暗い夜も やがて朝陽昇るんだ
その拳振り上げろ!

全員

NO WAR 話聞いてるかい?
目と目合わせて
言葉わからなくても
"好き"を伝えよう
NO WAR 語り合ってるかい?
そして最後に
抱き締め合えばわかる
"友よ"歩こうぜ
LALALALALA…
NO WAR in the future


潮 柿崎 加藤 齊藤 高本 美玲 金村 河田 濱岸 松田

悲しみの涙を何度拭った時
そう 世界は一つになるのか?

井口 影山 久美 高瀬 東村 小坂 富田 丹生 宮田 渡邊

戦いを望まない僕たちはここにいると
さあ 声を上げようぜ!

全員

NO WAR 愛し合ってるかい?
世界の人と…
やさしくありたいんだ
"好き"になってみよう
NO WAR 許し合ってるかい?
微笑むだけで
心は通じるんだ
"平和"始めよう
NO WAR in the future
LALALALALA…



歌詞引用 : 秋元康「NO WAR in the future」

井口眞緒、潮紗理菜、柿崎芽実、影山優佳、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、東村芽依

齊藤

掌を空に翳し
目を細めていた青春の日々よ

高本

この世界に反射する

柿崎

何が眩しかったのだろうか?

加藤

あの頃 語り合った夢は
風に吹かれて流されていった

駄々広い大地を踏みしめて
古い太陽は沈んだのか?

影山 美玲

下を向くなと誰かに教えられて
ただ ずっと前だけを見て来た

高瀬 井口

馬鹿正直に生きてるだけじゃ

東村 久美

いつか躓くものだと
今になって邪魔な石ころの存在を
知った

加藤 高本 齊藤 柿崎 潮

人生とは転ぶもの
膝小僧は擦りむくものなんだ
何度でも立ち上がれよ
俺はそれでも歩いてく


影山

いくつかの苦い涙

美玲

拭うこともなく嗚咽した日々よ

高瀬

運命だと信じ込んだ

井口

愛は錯覚と言い訳するのか?

東村

いっぱい抱きしめ合ううちに

久美

腕の強さがよそよそしくなった

齊藤

必要とはされないやさしさが

高本 柿崎

そう一番の不幸だった

加藤 潮

希望を捨てるなと誰もが上から目線で
偉そうに腕組みをするけど

影山 美玲

どこのどいつが傷ついたって

東村 高瀬 井口 久美

あんたは痛くないだろうって
そんな言葉吐き捨てたくなるのが
若さか

東村 高瀬 影山 美玲 井口 久美

人生とは負けるもの
勝つことなんかないって知ればいい
負け方が大事なんだ
俺はそれでも生きている

齊藤

夕焼けがいつしか

高本 柿崎

長い影を作って

加藤 潮

そばに寄り添う

東村 高瀬 影山 美玲 井口 久美

どの道を歩いて来ようと
なぜか 切なくて
泣きたくなる

加藤 高本 齊藤 柿崎 潮

人生とは転ぶもの
膝小僧は擦りむくものなんだ

東村 高瀬 影山 美玲 井口 久美

何度でも立ち上がれよ
俺はそれでも歩いてく

全員

人生とは何なのか?
勝ち負けにどんな意味がある?
生まれてから死ぬ日まで
そうさ それでも歩くこと
だから それでも歩いてる



歌詞引用 :「それでも歩いてる」秋元康

↑このページのトップヘ