カテゴリ: ソンナコトナイヨ

潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、東村芽依、金村美玖、河田陽菜、小坂菜緒、富田鈴花、丹生明里、濱岸ひより、松田好花、宮田愛萌、渡邉美穂、上村ひなの

全員

君はどんな夢見てるか?
何も語らずに…
どんな辛い坂道さえ
全力で (立ち止まることなく)
走ってく
青春の馬

東村 金村 小坂

自分の力とは
どうやって測ればいい?

加藤 齊藤

誰かと比較したところでわからないだろう

河田 丹生 松田

どこまでできるか予測していた以上に

潮 富田 渡邉

思いも寄らない可能性試したくなる

高瀬 高本 上村

無謀と言われて笑われてもいい

久美 美玲 濱岸 宮田

立てなくなるまで走り続けたい

加藤 齊藤 東村 金村 小坂

本能のままに生きて行く

全員

君は絶対諦めるな
何があったって…
足を止めちゃそこで終わる
もう走り出せない
夢が叶う叶わないかは
ずっと先のことだ
今は何も考えずに無我夢中
(ひたすらまっすぐに)
目指すんだ
青春の馬
Yeah Yeah 駆け巡れ!


久美 美玲 濱岸 宮田

見えない未来とは
どうやって見つけるんだ?

高瀬 高本 上村

この道進んで行けばいいと誰も言わない

潮 富田 渡邉

何度も間違えて結局遠回りして

河田 丹生 松田

疲れた身体が何かを覚えてくはず

東村 金村 小坂

楽しちゃ意味ない汗かくしかない

加藤 齊藤

乱れた呼吸が情熱の証

久美 濱岸 高本 上村 高瀬 宮田 美玲

不器用なくらいがむしゃらに…

全員

君はずっと信じるんだ
いつか見たあの夢
目を開けても消えない夢
現実の世界だ
そこに行けば何があるか
誰もわからない
辿り着いたその瞬間
考えが (欲しかったものまで)
変わるのさ
青春の馬

加藤 齊藤 東村 金村 小坂

夜が明けて行く
遠い地平線の彼方
世界はこんなに広かったと知った

潮 河田 富田 丹生 松田 渡邉

蒼ざめた馬が大地を駆け抜けて行く

久美 濱岸 高本 上村 高瀬 宮田 美玲

希望の光を浴びながら

加藤 齊藤 東村 金村 小坂

君はどんな夢見てるか?
何も語らずに…
どんな辛い坂道さえ
全力で走ってく

全員

君は絶対諦めるな
何があったって…
足を止めちゃ
そこで終わる
もう走り出せない
夢が叶う叶わないかは
ずっと先のことだ
今は何も考えずに
無我夢中 (ひたすらまっすぐに)
目指すんだ
青春の馬

加藤 齊藤 東村 金村 小坂

チャレンジしなくちゃ
生きてる甲斐ない

潮 渡邉 丹生 河田 松田 富田 久美 濱岸 高本 上村 高瀬 宮田 美玲

どこまで行けるか?
走り続けよう

全員

Never give up! Never give up!
The easy way has no meaning



歌詞引用 : 秋元康「青春の馬」

潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、東村芽依

美玲

古い石段上り切ったら
油蝉が一斉に鳴く

加藤 齊藤

鬱蒼とした山の神社で
待ち合わせしたあの夏の日

久美 東村

僕は大きく深呼吸して
初めての恋に震える気持ち

潮 高瀬 高本

飲み込んでしまおうとした

加藤 齊藤 美玲

日陰の境内に一人きり
ポツンと立っていた君が

潮 久美 高瀬 高本 東村

振り向いて微笑んだ

全員

入道雲 近づいても
一緒にいよう (僕が)
絶対 (君を)
ずっと守るから
夕立なら 腕の中に
抱きしめよう (雨が)
降っても僕が濡れればいい
好きということは…


久美 東村

空のどこかが光った後で
すぐ近くでゴロゴロ鳴った

潮 高瀬 高本

木々の葉っぱに雫が落ちて
やがてバケツの底が抜けた

加藤 齊藤 美玲

雨がこんなに大音量で
ザザーっと降って来ると思わず
ロマンティックな気分だったのに…

潮 久美 高瀬 高本 東村

君の左手引っ張って走って
ずぶ濡れになった僕らは

加藤 齊藤 美玲

笑うしかなかったよ

全員

雨雲よこの想いを
伝えておくれ
(君を) ぎゅっと
(腕に) 抱きしめたいんだ
でもどこで立ち止まれば
いいのだろう?
(雨の) せいでタイミング掴めない
好きと言えなくて…

加藤 齊藤 美玲

もうこうなったら開き直って

久美 東村

二人で濡れたまま歩こうじゃないか

潮 高瀬 高本

何があったって愛は最強だ


美玲

立ち止まって

加藤 齊藤

(見つめながら)

久美 東村

抱きしめ合えば

潮 高瀬 高本

僕らの世界

全員

入道雲 近づいても
一緒にいよう (僕が)
絶対 (君を)
ずっと守るから
夕立なら腕の中に
抱きしめよう (雨が)
降っても僕が濡れればいい
好きということは…
こういうことだろう?



歌詞引用 : 秋元康「好きということは…」

金村美玖、河田陽菜、小坂菜緒、富田鈴花、丹生明里、濱岸ひより、松田好花、宮田愛萌、渡邉美穂、上村ひなの

丹生 濱岸 上村

君と出会って何かが変わったよ
生きてること楽しくなったんだ

金村 小坂 宮田

ネガティブだったそれまでの自分に
サヨナラと言えたホントありがとう

河田 松田

同じ坂道を一緒に歩いているうちに

富田 渡邊

喜びだとか悲しみをいつからか
分け合える仲になった

全員

君のため何ができるだろう
今までもらった分以上に…
言葉にはできない
さりげない優しさ
どうやって返そうか
喧嘩してもっとわかり合えたし
ライバルとして成長できたし
いつもそばにいたから
ここまでやって来られた
兄弟みたいに…

丹生 濱岸 上村

人は一人では生きられない

金村 河田 小坂 富田 松田 宮田 渡邊

夢だって一人じゃ見れないんだ


金村 小坂 宮田

僕と出会って何かが変わったか
生きることは変化して行くこと

河田 松田

知らないうちにお互いの存在
認めてたこんなこと初めてだ

富田 渡邉

急な勾配に苦しみ歯を食いしばって

丹生 濱岸 上村

登り続けた青春のあの日々が
友情を育んだ

全員

明日のため何ができるだろう
今日まで助け合った以上に…
全身に吹き出す本物のその汗
それだけで伝わるよ
傷ついてそして庇い合ったし
同じ夢見て頑張って来たし…
どんな時も近くに
足音が聴こえたから
諦めなかった

金村 小坂 宮田

人は一人では戦えない

河田 富田 丹生 濱岸 松田 宮田 上村

誰もみなそんなに強くないんだ

全員

明日のため何ができるだろう
今日まで助け合った以上に…
全身に吹き出す本物のその汗
それだけで伝わるよ

丹生 濱岸 上村

二人で行こう

全員

君のため何ができるだろう
今までもらった分以上に…
言葉にはできないさりげない優しさ
どうやって返そうか
喧嘩してもっとわかり合えたし
ライバルとして成長できたし
いつもそばにいたから
ここまでやって来られた
兄弟みたいに…

河田 富田 松田 渡邉

人は一人では生きられない

金村 小坂 丹生 濱岸 宮田 上村

夢だって一人じゃ見れないんだ



歌詞引用 : 秋元康「君のため何ができるだろう」

潮紗理菜、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花、東村芽依、金村美玖、河田陽菜、小坂菜緒、富田鈴花、丹生明里、濱岸ひより、松田好花、宮田愛萌、渡邉美穂、上村ひなの

金村 小坂 東村

春の風がふいに吹いて
窓のカーテンを膨らませた

齊藤 加藤

まるで君が拗ねた時の
ほっぺたみたいに…

丹生 河田 松田

切りすぎた前髪

潮 渡邉 富田

奈良美智の絵だ

高本 上村 高瀬

誰かに言われて

久美 濱岸 宮田 美玲

どうして落ち込んでるのかな

全員

ソンナコトナイヨ
僕はそう思わない
どんな君だって
ときめいてしまうよ
ソンナコトナイヨ
ハグしたくなるほど
クラスで一番君が可愛いよ
ちゃんと鏡で自分見てごらん
ホント似合ってるじゃないか
あの絵の女の子だって
チャーミングだろう?


丹生 河田 松田

さっきまでの日差しと影
教室の床は光の地図

潮 渡邉 富田

1秒ごとに変わって行くよ
思春期の気持ち

久美 濱岸 高本 上村 高瀬 宮田 美玲

わかってはいたけど
子供っぽいよね

金村 小坂 東村

ママにも言われた

齊藤 加藤

そのうちまたすぐ伸びて来るでしょう

全員

キニナンテスルナ
僕は嫌いじゃない
どこがイヤなの?
似合っているのに…
キニナンテスルナ
いつだって眩しい
世界で一番好きだと気づいた
他にキレイな人はいるけど
僕は君でなきゃ嫌だ
あの絵の女の子のように目が離せない


金村 小坂 東村

コンナスキナンダ
いつからかハマってた

齊藤 加藤

どんな君だって
がっかりなんてしない

全員

ソンナコトナイヨ
僕はそう思わない
どんな君だって
ときめいてしまうよ
ソンナコトナイヨ
ハグしたくなるほど
クラスで一番君が可愛いよ
ちゃんと鏡で自分見てごらん
ホント似合ってるじゃないか
あの絵の女の子だって
チャーミングだろう?

齊藤 金村 小坂 東村 加藤

どこにでもいるようなタイプなら
こんなに好きにはなれないよ

潮 渡邉 丹生 河田 松田 富田

そう他にいないから
君しかダメなんだ

久美 濱岸 高本 上村 高瀬 宮田 美玲

どこにでもいるようなタイプなら
こんなに好きにはなれないよ

全員

君だから 君だから
こんなに好きなんだ



歌詞引用 : 秋元康「ソンナコトナイヨ」

加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、小坂菜緒、富田鈴花、渡邉美穂

小坂 渡邉

青空と地平線
重なり合う場所まで
行ってみたいと君が呟いた

加藤 齊藤

僕はどう答えればいいのかわからなくて
右手翳して永遠を眺めた

久美 美玲 富田

君が何を言いたかったか
後になってやっと気づいたよ

小坂 渡邉

こんな退屈な現実から

加藤 齊藤

連れ出して欲しかったんだろう
今すぐ

全員

窓を開けなくても
どこへでも行けるんだ
瞳を閉じてごらん
感じるはずさ
風が吹いているよ
胸の奥に…
遠くの夢が見える


久美 美玲 富田

教室のカーテンは
呼吸をしてるように
外の空気をいつも
受け入れている

小坂 渡邉

教師たちが面倒そうに
授業中に窓を閉めるから

加藤 齊藤

君は目の前の夢のなさに
落胆してしまったんだろう
愚かだ

全員

今はできなくても
未来ならできるかも
諦めちゃだめだ
空の彼方
いつか聴こえて来る
鳥の声が…
新しい風を待とう


加藤 齊藤 小坂 渡邉

君が何を探していたか
ある日僕はやっとわかったよ

久美 美玲 富田

どんな頑なガラス窓も
太陽と希望の光は届くよ

全員

窓を開けなくても
どこへでも行けるんだ
瞳を閉じてごらん
感じるはずさ
風が吹いているよ
胸の奥に…
遠くの夢が見える



歌詞引用 : 秋元康「窓を開けなくても」

東村芽依、河田陽菜、松田好花

全員

ナゼー ナゼー
時々現れる
ナゼー ナゼー
ハテナのあのサイン

松田

何のために点滅するのか?

全員

ふいに浮かぶよ

全員

Blinking lights I see
Why does it shine?

松田

このまま何も考えずに
ずっと笑いながら

東村 河田

楽しく生きられたら
どんなにしあわせだろう

松田

夢を夢を見たいだけさ

河田

自分の意思で瞼を閉じて

松田

明日へ明日へ歩いたって

東村

現実が邪魔をするんだ

全員

ナゼー ナゼー
花は咲くのだろう
ナゼー ナゼー
きっと理由がある

松田

忘れそうな一番大事なこと

河田

変わることは美しい

全員

ナゼー ナゼー
蝶は飛ぶのだろう
ナゼー ナゼー
自然の摂理の中に
答えはあるんだ

東村

すべて

全員

当たり前になっちゃいけない

全員

We have to do it
What is the mission?

河田

僕らは命ある限り
ずっと問いかける

東村 松田

不思議なことばかりが
そう次々起きるよ

河田

浮かぶ浮かぶ疑問たちよ

東村

どんなことを今知りたいのか?

河田

すべてすべて教えてくれ

松田

無視できない向上心だ

全員

ナゼー ナゼー
風は吹くのだろう
ナゼー ナゼー
誰に何のために

河田

青い空ちぎれ雲を運ぶ

東村

時は流れ止まらない

全員

ナゼー ナゼー
星は輝くのか
ナゼー ナゼー
永遠の宇宙の中に
ヒントはあるんだ

松田

いつか

全員

気づく日が来るのだろうか?


松田

地球上のどこかで ほら
新しい命の声が

東村 河田

叫ぶように聴こえて来るだろう

松田

ずっと

東村 河田

謎は続くよ

全員

ナゼー ナゼー
花は咲くのだろう
ナゼー ナゼー
きっと理由がある

松田

忘れそうな一番大事なこと

河田

変わることは美しい

全員

ナゼー ナゼー
蝶は飛ぶのだろう
ナゼー ナゼー
自然の摂理の中に
答えはあるんだ

東村

すべて

全員

当たり前になっちゃいけない

全員

ランララン… その時まで

松田

自分の中の知りたいことを

全員

ランララン… 考えよう

河田

そのままにはしない

東村

ナゼー ナゼー



歌詞引用 : 秋元康「ナゼー」

↑このページのトップヘ